スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
メモリースティックについて
メモスについて自分なりに説明したいと思います。

32MB→セーブデータと数個の音楽を入れるならこれでもおk。あんまり使い物にならない。

1GB.2GB→セーブデータだけではなく、音楽もそれなりにはいる。サカつく6などで「データインストール」をする場合は、1GBちょっとを使うので最低でも2GBが欲しい。

4GB→ウォークマンとして使えるくらい音楽が入ります。CFW(改造PSP)を導入していない人で、PSPを効率よく活用したい人(音楽や動画、ワンセグ)にお勧め。導入してる人は2~3個のISOを入れると、ほとんど他は何もできない。

8GB→CFWを導入している人におすすめ。コストパフォーマンスもいいです。ISOが数個入り、音楽や 動画も楽しめます。私も現在これを使用中。導入していない人でも、「自分は大きな容量を使うんだ!!」とか「PSPをフル活用するんだ!!」って人はこれでもおk。PlayStation®Storeを利用するなら、これあれば安心。

16GB→ISOをとにかく持ち歩きたい方におすすめ。なんでもできちゃうね。

32GB→えーっと…とにかくネ申

まとめ
個人的には
CFW未導入の方→4GB(全機能フル活用の人は8GB)
CFW導入済の方→8BG
       がおすすめです。
(あくまで個人的にです。ご購入の際は、他の方の意見も参考にしてください。)

製造元により金額に大きく差がでます。しかし、性能はほとんど違わないと思います。
違ったとしても多少なので、使用するにには支障はないでしょう。
ちなみに私は、SanDisukのを使用しています。


また、ネット上で購入された方が安くすむ場合があります。特に容量が多くなるにつれて。
amazonでご購入を検討中の方は、当サイトの左サイドバーにある「メモリースティック」の欄からご購入してくれると、管理人が喜びます
ポイントがつくからです(笑


スポンサーサイト
[2009/11/20 17:27] | メモリースティック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。